Bob Dylan “Bringing It All Back Home”

Bob Dylan “Bringing It All Back Home”

ボブ・ディラン『ブリンギング・イット・オール・バック・ホーム』

 

1965年3月22日リリース。何も言わずにまずはこれを見てほしい。このアルバムの1曲目です。

 

Bob Dylan – Subterranean Homesick Blues

 

いつ見てもシビれますね。どんな言葉で韻を踏んでいっているかよくわかります。曲は明らかにチャック・ベリーの「トゥー・マッチ・モンキー・ビジネス」を下敷きにしています。

 

このアルバムはA面がエレクトリック、B面がアコースティックという構成になっています。エレクトリック化には賛否が巻き起こりました。それは同年7月のニューポート・フォーク・フェスティバル、8月に出る次のアルバム『追憶のハイウェイ61』につながっていきます。このレベルのアルバムが1年に2枚出るなんて現代では信じられませんね。もう50年前の作品だということも。

 

レコードやタイム誌が散乱しているジャケットもかっこいい。ロバート・ジョンソンの『キング・オブ・ザ・デルタ・ブルース・シンガーズ』とかさりげなく置いてあるし。

 

Side one

1. Subterranean Homesick Blues

2. She Belongs to Me

3. Maggie's Farm

4. Love Minus Zero / No Limit

5. Outlaw Blues

6. On the Road Again

7. Bob Dylan's 115th Dream

 

Side two

1. Mr Tambourine Man

2. Gates of Eden

3. It's Alright, Ma (I'm Only Bleeding)

4.It's All Over Now, Baby Blue

 

 

  

King of Delta Blues Singers

King of Delta Blues Singers