アニー

アニー Annie

 

ブロードウェイの名作ミュージカルをウィル・スミスが現代風にリメイクした作品です。

 

前半は何となくテンポが良くない上に、ここでもうトゥモロー歌っちゃうのかよ!ってなりました。後半は好きでした。人間の描き方が甘くて、ジェイミー・フォックスにしてもキャメロン・ディアスにしても、悪そうなやつがいい人になるのがイージー過ぎるというか。それだけアニーのパワーが凄いという見方もできるんですが。いや、本当はみんな元々いい人だったのか。

 

音楽はそんなに期待してなかったけど結構良かった。特にパーティーでオーケストラと歌った曲は良かった!クヮヴェンジャネ・ウォレスは最高でした。

 

最近の映画はSNSを描くのが必須ですね。良い面も悪い面も。当然のようにスクリーンに地図やメールの画面がポップアップするのが結構好きだったりします。

 

エンドロールの主題歌が平井堅だったので星一つ減点です。Amazonクソレビュー。しかしどんなセンスを持っていたら平井堅に歌わせようと思うのか不思議でしょうがない。

★★★☆☆

 

トゥモローはパティ・スミスのやつが最高です。ベスト盤Landの最後に入っているシークレットトラックです。「母にちょっとした曲を歌いたいと思います」と言って始まるピアノの弾き語り。チャップリンのスマイルとこれはいろんな人がカバーするのがわかる名曲。

 

Patti Smith - Tomorrow

 

 

Land (Dig)

Land (Dig)