読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなのアムステルダム国立美術館へ

みんなのアムステルダム国立美術館へ The New Rijksmuseum

 

全面改修のため2004年に閉館したライクスミュージアムことアムステルダム国立美術館が、2013年(当初の予定は2008年)に再オープンするまでのドキュメンタリー。監督が凄いのか、ドキュメンタリーとしては珍しくしっかり映画になっていました。カメラワークとカットがとにかくいやらしい。事実は小説よりも奇なりとはよく言ったものですね。

 

この映画は公共政策における意思決定の難しさを描いています。もともと美術館のど真ん中を自転車が通れる道がぶち抜いているのですが、新設計では自転車が通りにくくなる!とサイクリストたちが猛反発(オランダは自転車大国です)。市議会でプランの見直しが決定され、建築家は「この設計でコンペに勝ったのに」と意気消沈し、当時の館長はもうやってらんない(「アムステルダムは民主主義のマッドハウスだ!」)と言って辞任します。

 

他にも工事がストップしたり、内装でもめたり、なかなか作業は進みません。美術品修復の現場や、何を展示するかの選定、そしてアジア館館長の学芸員(日本の美術大好き)が何とかして仁王像を手に入れようとするところなどは美術館博物館好きとしてはとても興味深かった。

 

去年福岡市博物館に九州仏展を見に行ったとき、仏像よりも仏像の影が美しいのに驚いたのですが、監督か学芸員かがそれを感じたらしく仁王の影がしっかり映るシーンもありました。

 

絵がかわいそうなので福岡市美術館もぜひ改装してほしい。せっかくダリの「ポルトリガトの聖母」という傑作があるのにもったいない。ウォーホルの「エルヴィス」もあるし。と思っていま調べたら2017年にリニューアルするみたいです。

 

オススメ度 ★★★☆☆

 

 

ようこそ、アムステルダム国立美術館へ [DVD]

ようこそ、アムステルダム国立美術館へ [DVD]