読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dear ダニー 君へのうた

映画(2015)

Dear ダニー 君へのうた

Danny Collins

 

ジョン・レノンから届くはずだった手紙を40年後に受け取って、人生をやり直そうとする男の物語。最初から最後までとにかくセリフがさえわたっていた。練られているなと思った。アル・パチーノ、『シェフ』のキッチンにいた男、『セッション』のニコルちゃんの演技も良かった。

 

手紙のことはだけは実話で、イギリスのフォーク・シンガー、スティーブ・ティルストンのエピソードが元になっている。ジョン・レノンからの電話番号つきの手紙を30何年後に受け取ったらどんな気持ちになるんだろう。

 

「金持ちになることは君の考え方を変えはしないよ。ただ一つの、根本的な違いは金や食べ物や家について心配する必要がなくなるということだ。でも他の、感情や人間関係はみんなと同じさ。僕もヨーコも、金持ちも貧乏もしたことがあるからわかるんだ。君はどう思う?」 ジョン&ヨーコ

 

音楽映画としては見に行かない方がいい。音楽の映画というよりはジョンの曲を使ったコメディ&ドラマ。同じジョンの曲をフィーチャーした映画なら、リチャード・ドレイファスの『陽のあたる教室』のほうが2万倍泣ける。でも今年見た映画の中ではトップクラスに良かった。

 

Dear ダニー 君へのうた

★★★★☆

 

 

IMAGINE

IMAGINE